上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです、なんと今年2回目の更新です。
そのうち年1回になるかもw
ヘラヘラの累代に失敗してから、飼育意欲が急降下しましてテンション下がりっぱなしでしたが、飼育自体は続けていました。
これではイカン!と思い、先日オフ会に参加して皆さんのテンションを分けていただきましたw
さて我が家のキングテイオウですが、E氏に譲っていただいた♀が産卵しましたが、現在生き残りはわずかに1頭のみ。
こいつには何とか成虫になってもらって、子孫を残してもらいたい。
12日に2本目に交換したんですが、その時の体重が47gでどうやら♂
この♂の嫁さんを探さなければ(^^;)
E氏テイオウE氏テイオウ-2

そして、別血統でHIDEにて購入した1ペアがいます。
サイズは怖いので測ってませんが、確か96mmだったと思います。
このペアは年内にペアリングする予定です。

HIDEテイオウ♂HIDEテイオウ♀


スポンサーサイト
セプテン4頭から始まった虫飼育も、現在は

ヘラクレス・セプテントリオナリス

ヘラクレス・ヘラクレス

フローレンシスヒメカブト

キングテイオウヒラタ

パプアキンイロクワガタ

タランドゥスオオツヤクワガタ

レギウスオオツヤクワガタ

モセリオオゴンオニクワガタ

マレーアンタエウス

ラオスアンタエウス

と随分増えました。

ここまで増やせる事ができたのも、虫飼育を通して知り合った

方々のおかげです、本当にありがとうございました。

今年1年で知り合いになれた方々は、北海道から九州までいて

色々な情報も教えていただき、自分にとって充実した1年となりました。

来年もまた、変わらぬご指導の程宜しくお願いいたします。

最後に羽化したテイオウ君2頭を掲載します。

皆さん良いお年をお迎え下さい。

DSCF0338.jpg

我が家には、すでに羽化したキングテイオウがいます。
なので、残りの蛹は露天掘り&サイズ測定しました。
キング蛹1
右から72mm、73mm、78mmでした。
上の瓶やケースも順番に並べてあります。
一番期待していた2000ガラス瓶(右側)の個体が一番小さく、大暴れして小さい蛹室を作ったコバシャ小(左側)が一番デカいとゆう結果になりました。
キング蛹2
個体のポテンシャルも大きく影響していると思いますが、期待していた右側の個体は1月孵化で、あとの2頭は4月孵化です。
蛹化したのは3頭共にほぼ一緒の時期でしたので、1月孵化個体は期待通り幼虫期間を引っぱる事ができたんですが、大きさには影響しませんでした。
中々奥が深いとゆうか、難しいですね~(><;;;)
とうとうテイオウ君が蛹化しました~
3頭中2頭蛹化で、残る1頭もシワシワ~
やっぱり気になったので、今回は露天掘りにしました。
テイオウ蛹a
テイオウ蛹b

左は1400PPで、右が2000ガラスです。
もう1頭のシワシワテイオウ君は、コバシャ小に小さい蛹室作っているので、蛹化させてから人工蛹室に移動させようと思います。
先日紹介したテイオウ君の蛹室ですが、よく観察してみたらコバシャ小の個体の蛹室が小さいような・・・
テイオウ蛹室

直径8cm程度の円形蛹室を作っています。
楕円形ではなく本当に円いんです、高さは5cmくらいでしょうか。
いくら何でも小さすぎじゃないか~~~?
蛹化直前に掘り出した方がいいんでしょうか?
このままでも大丈夫なんでしょうか?
しかし、色んな事が起きて飽きさせてくれませんね~虫飼育は(笑)
ゼウス みんなのプロフィール(クワ若葉) に参加しています
  地図   登録/編集   すべて   検索   集計   人気者   アクセスランキング  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。